admin≫

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


日経新春杯 予想 

日経新春杯 予想

展開予想  予想ペース;S
外からメイショウサミットが注文を付けての逃げ。ムーンリットレイクも前へ。外枠から勢いを付けての先行だけに前2頭は飛ばす形でも3番手以降はスローに近い流れ。タマモベストプレイ、サトノノブレスが事実上のペースを握る。差し馬が多い組み合わせで以下一団。基本的には先行有利。4角で外を回しては厳しい。

4角推定位置
逃げ:メイショウサミット・ムーンリットレイク
先行:タマモベストプレイ・サトノノブレス
好位:ゼンノルジェロ・ビービートレイター
中団:アドマイヤデウス・ホーカーテンペスト・アクションスター・ヴィクトリースター
後方:ハギノハイブリッド・フーラブライド・アドマイヤフライト・ダコール・トウシンモンステラ
追込:メイショウカンパク・コウエイオトメ・コスモロビン

理論着順

理論

着順

馬 名

着差

数値

SP

レベル

能力

レベル

総合

評価

調教

1

フーラブライド

1.7

A

B

B

 

2

サトノノブレス

1.5

A

A

S

 

3

ホーカーテンペスト

1.4

 

C

 

○↑

4

アドマイヤフライト

1.4

C

 

 

△↑

5

タマモベストプレイ

1.2

A

B

B

◎↑

6

ムーンリットレイク

1.1

C

 

 

 

7

トウシンモンステラ

0.9

 

B

C

 

8

アドマイヤデウス

0.6

B

C

C

 

9

ビービートレイター

0.6

 

 

 

 

10

アクションスター

0.1

 

 

 

 


総評
サトノノブレスが総合力で抜けている。展開面でも恩恵は大きそうでかなり有力。
フーラブライドは55キロになるのは有難い。好枠から立ち回り次第では差し切りも可能。
ホーカーテンペストの前走はインパクト大でここでも通用しそう。調子も良い。血統面から速い上りへの対応が課題か。
アドマイヤフライトは昨年の2着馬。久々は走り、調教も良い。近走は成績が安定しないが、小回りなど条件面が整わなかった。改めて。
タマモベストプレイは今ひとつ決め手に欠ける。先行策から展開利を味方に流れ込みを狙いたいが、昨秋の京都大賞典はいかにも展開に恵まれた感が強く、今回はある程度の人気を背負い、57キロ。信頼感は乏しい。
トウシンモンステラは大外痛恨。
アドマイヤデウスはダービー以来の骨折明けで常識的には様子見が妥当か。
ビービートレイターは絞れれば面白い。

結論
◎9サトノノブレス(複軸)
○5フーラブライド
▲3ホーカーテンペスト
△7タマモベストプレイ
★6アドマイヤフライト

☆18トウシンモンステラ
☆4アドマイヤデウス
☆11ビービートレイター

◎サトノノブレスは人気でも複軸的な意味合いで期待大。○フーラブライドには単の期待も。
▲ホーカーテンペストは上りの競馬に対応できれば枠とデキの良さで好勝負可能。
△タマモベストプレイは過度の期待禁物。配当妙味では★アドマイヤフライトの方が面白いか。
人気ブログランキングへ←励ましのクリックをお願いします。
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














馬名 / レース名 Help
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

Man O’War

Author:Man O’War
オグリキャップに惹かれて競馬の世界へ。純粋だったあの頃…。近頃だいぶひねくれてきた(爆)

投票するほど穴馬が炙り出されます
上書き(変更)できるので、とりあえず気軽に投票してみて下さい。
Created by Webpac
結構面白い記事ありますよ

-天気予報コム- -FC2-
人気ブログランキングへ
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。