admin≫

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


金鯱賞 予想 

金鯱賞 予想

展開予想  予想ペース;SS
逃げ馬不在。枠はやや外でもカレンミロティックが押出されてハナか。内のメイショウナルトもこの組み合わせなら前へ。ムスカテール、トゥザグローリー、ラブリーデイ辺りが好位で、中団から後方にかけてオーシャンブルー以下一団。かなりスローな流れが予想され、開幕週でもあり当然先行有利、内有利。外を回っての追込みでは余程の脚を使わないと届かない。


4角推定位置
逃げ:カレンミロティック
先行:メイショウナルト
好位:ムスカテール・トゥザグローリー・ラブリーデイ
中団:シャドウバンガード・オーシャンブルー
後方:ウインバリアシオン
追込:フラガラッハ

理論着順

理論

着順

馬 名

着差

数値

調教

指数

ランク

1

カレンミロティック

2.25

 

B

2

メイショウナルト

1.71

A

3

ムスカテール

0.54

-

A

4

トゥザグローリー、

0.20

 

A

5

シャドウバンガード

-0.34

 

 

6

オーシャンブルー

-0.52

 

B

7

ラブリーデイ

-0.55

A

8

フラガラッハ

-3.60

 

 

9

ウインバリアシオン

-4.45

 

A



短評
カレンミロティック
前走は全く参考外。休み明けは問題ないタイプ。ここは先に行ける利。先行して速い上りを使えるので有力。

メイショウナルト
こちらも前走は参考外。最近は差すレースにシフトしているが、先行出来る脚もあり、ここは枠順や展開からも無理に下げるとは考え辛い。素直に出たなりで先行策と思われる。切れないがバテない末脚が身上。前走の大敗が尾を引かなければ堅実に走りそう。

ムスカテール
調教の内容からは良化が感じられない。実力的には上位だが、今期不振で過信禁物。

トゥザグローリー
前走は序盤で不利有り参考外。京都大賞典では少し見せ場を作り、昨年の極度の不振からは脱出した模様。寒くなって少しずつ上向き加減。好位からの競馬で本来の立ち回りの上手さを行かせれば近走よりは前進があるはず。

シャドウバンガード
末脚に見所。連闘となるが実績馬が近走内容に不満がある馬ばかりのメンバー構成ならば、活きの良さでは上位の存在。馬格がある方ではなく、このメンツ相手に56キロは楽ではないが面白い存在ではある。枠なりにロスのない競馬ができれば善戦の可能性も。勝浦なので何とも言えないが、一度下げて外を回すようでは苦しい。

オーシャンブルー
昨年の有馬記念の激走の反動が尾を引いている。前走後の放牧で漸く立ち直り気配らしいが、まだまだ昨年のデキには及ばないとのこと。メンバー弱化で人気になっているがどこまでやれるか復調加減が鍵。

ラブリーデイ
久々で、同じく久々だった小倉記念よりも陣営のトーンは低く、好調には一息か。若干の割引は必要。どこまでやれるか試金石。

結論
◎11カレンミロティック
○12トゥザグローリー
▲1メイショウナルト
△13ラブリーデイ
★5シャドウバンガード

☆3ムスカテール
☆10オーシャンブルー
人気ブログランキングへ←励ましのクリックをお願いします。
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














馬名 / レース名 Help
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

Man O’War

Author:Man O’War
オグリキャップに惹かれて競馬の世界へ。純粋だったあの頃…。近頃だいぶひねくれてきた(爆)

投票するほど穴馬が炙り出されます
上書き(変更)できるので、とりあえず気軽に投票してみて下さい。
Created by Webpac
結構面白い記事ありますよ

-天気予報コム- -FC2-
人気ブログランキングへ
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。