admin≫

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


阪急杯 予想 

阪急杯 予想

展開予想  予想ペース;MH
逃げ宣言はクィーンズバーン。テンはマジンプロスパーの方が速いが、マジンはハナを切りたくないだけにクィーンに行かせるだろう。他ではミトラが先行策。テンが速くなりがちなコースで、クィーンはハナを叩くために多少強引に出ていくだろうからテンはそれなりのペースだろうが、意外に先行馬の少ない組み合わせで、隊列さえ決まってしまえば道中でペースが上がることはないのではないか。

4角推定位置
逃げ:クィーンズバーン
先行:マジンプロスパー・ミトラ
好位:ロードカナロア・シュプリームギフト
中団:オリービン・オセアニアボス
後方:エピセアローム・シゲルスダチ
追込:サンカルロ・ブライトライン・スギノエンデバー・レオアクティブ・フラガラッハ

理論着順

理論

着順

馬 名

着差

数値

SP

指数

能力

指数

総合

指数

調教

指数

ランク

1

ロードカナロア

9.08

499

243

620

○↑

S

2

エピセアローム

8.56

497

209

602

 

A

3

シュプリームギフト

6.61

467

198

566

 

 

4

マジンプロスパー

6.23

471

216

580

◎↑

B

5

スギノエンデバー

5.58

472

195

569

 

 

6

ミトラ

4.91

478

216

586

 

B

7

サンカルロ

4.48

489

231

605

 

A

8

ブライトライン

3.52

471

200

571

 

B

9

オリービン

2.82

475

195

573

 

B

10

シゲルスダチ

2.48

467

198

566

 

 


ランク分けと短評
指数ランクS
ロードカナロア(理論着順1位) 調教○↑
   ;当然ながら指数全項目1位。負けられない立場であり、陣営もそれは承知で、相応の仕上げをしてきた。強靭な末脚を持ち、脚質も自在。枠順も良く、岩田康騎手なら下手は打つまい。順当に◎候補。

指数ランクA
エピセアローム(理論着順2位)
   ;当然指数上位。距離短縮で強さを発揮しだしたが元々マイルまでは実績が有り距離は守備範囲。しかし今回は放牧先で疲れが出たとのことでやや順調さを欠く仕上り、昨秋のデキまではない。大幅に割り引くほどでもないが、今回は地力でどこまで。過大評価禁物。

サンカルロ(理論着順7位)
   ;G1まであと一歩の馬だが、ここに入れば当然指数的には上位の存在。このコースでは異常とも言えるほど好成績を残している。それはこのコースは特異的にテンが速くなり、また急坂や馬場状態から追込みが効きやすいことに起因している。しかし今回は開幕週で馬場が荒れておらず、またペースも思ったほど上がりそうにはない。加えて最内枠と条件的には苦しい。過信禁物。

指数ランクB
マジンプロスパー(理論着順4位) 調教◎↑
   ;昨秋は不振に陥ったが、調教パターンを変えるなど陣営の努力の結果、前走に復調の兆し。ただし前走はかなり緩いペースだったためにまだまだ信用はできないが、体調自体が上向いてきたことは確か。コース適正は高い。外枠から被されずにスムーズなレースをした方が好成績で、内枠時は不振傾向。ペースそのものは向きそうだが、クィーンズバーンとの兼ね合いでスムーズな位置を取れるかどうかにかかっている。気分を損ねれば惨敗もありそうで信頼は置けない。有力候補の1頭に過ぎないといったところ。当然嵌れば好走。

ミトラ(理論着順6位)
   ;地道に力を付けてきた上り馬。重賞初挑戦。SP値は悪くない程度で能力値は上々。G3級ならの力はある。先行脚質で安定感があり、枠も悪くない。全てにおいて悪くない状況。突出したものもないが大幅な割引材料もない。初コースでも力を出せればソコソコの競馬はできそう。ヒモには入れておきたい。

ブライトライン(理論着順8位)
   ;末脚は強烈で以前から理論着順上位の常連だったが、指数が伴わなかった。近2走の好走で漸く指数が伴ってきた。そろそろ馬券圏内に飛び込む日も近い。もう少し速く流れそうなメンバー構成であれば理論着順上位に来れたところだろうが、今回も展開が鍵。コース適正は低い。

オリービン(理論着順9位)
   ;指数云々以前に今回はデキが疑問。


考察と整理
ランクSロードカナロアは信頼して良さそう。他の馬に一長一短あるだけに余計安定して見える。人気でも軸。
ランクAでは、エピセアロームが本来のパフォーマンスを発揮できるかどうかは不安な状況。サンカルロも得意コースで人気になっているが、今回は怪しいところ。
ランクBでは、マジンプロスパーは良化気配。展開(ペースだけでなく)が鍵になりそうだが、嵌れば十分上位を狙える。ただし過信は禁物。ミトラもアタマは無いとしてもヒモ候補の一角。ブライトラインは嵌り待ちで押えまで。


指数ランクS
ロードカナロア;調教○↑ 順当に勝機

指数ランクA
エピセアローム;過信禁物
サンカルロ;怪しい

指数ランクB
マジンプロスパー;調教◎↑
ミトラ
ブライトライン

FM的思考

1着付

2着付

3着付

ロードカナロア

マジンプロスパー

エピセアローム

 

ミトラ

サンカルロ

 

 

ブライトライン


総評
ロードカナロア◎は順当としても、どうにも相手に悩ましい。エピセアロームとサンカルロには重い印を打ち辛い状況。当面はマジンプロスパーが相手候補ということになろうが、ミトラの堅実さも魅力。一長一短あり、ヒモ荒れの気配も漂うので理論着順上位からシュプリームギフトとスギノエンデバーに注目して追加検討を行う。

指数ランクD
シュプリームギフト(理論着順3位)
   ;SP値はランク外とはいえ差はない。能力値も大きく見劣らない。混戦であれば通用して不思議ない。距離面では近走こそ千二専門に使っているがマイルまでは実績が有り恐らく守備範囲。好位からの競馬ができれば穴で一考の余地あり。

スギノエンデバー(理論着順5位)
   ;指数的にはシュプリームギフトと同程度で次点扱い。上りは早いが、距離実績とコース実績に欠ける。いつもの上りタイムが出せるかは疑問が残る。

結論
◎3ロードカナロア 軸
○2マジンプロスパー
▲10ミトラ
△12エピセアローム
★7シュプリームギフト

☆1サンカルロ
☆5ブライトライン

ロードカナロアからでは余程相手を絞らないと配当が付かない。程々に。

人気ブログランキングへ←励ましのクリックをお願いします。
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














馬名 / レース名 Help
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

Man O’War

Author:Man O’War
オグリキャップに惹かれて競馬の世界へ。純粋だったあの頃…。近頃だいぶひねくれてきた(爆)

投票するほど穴馬が炙り出されます
上書き(変更)できるので、とりあえず気軽に投票してみて下さい。
Created by Webpac
結構面白い記事ありますよ

-天気予報コム- -FC2-
人気ブログランキングへ
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。